最新情報

柔道整復学科1年生の実技試験をリポート!

2020年02月11日

トピックス

骨折などのケガをした箇所を整復し、固定し、回復のための後療法を行うのが柔道整復。

手術や注射をしないので「非観血的療法」と呼ばれます。

手術をせずに手だけでなおす、ケガ治療のスペシャリスト。

今日はそんな柔道整復学科に入学した1年生の、実技試験の様子を少し紹介します!

身体の表面からそれぞれランダムに指定された部位を先生に示します。


時間内に指定された部位をすべてマークしなければならないこのテスト。

焦る気持ちを抑え、正確に丁寧に探り当てます。

皆とっても緊張していましたが、普段勉強していることをしっかり思い出しながら、落ち着いて試験を受けていました。

4月に入学して約10か月。

この数か月でしっかり基礎知識を勉強し、医療人として成長している様子がうかがえました!

顔つきもなんだか頼もしくなってきたような。。

入学当時の戸惑いは無くなり、目標に向かって前を向く1年生の姿がそこにはありました!