コース



柔道整復学科

過程
柔道整復師専門課程
修業年限
3年
Ⅰ部(午前部)
募集人員:30名/授業時間:9:00〜12:10
Ⅱ部(午後部)
募集人員:30名/授業時間:13:00~16:10
※土曜日に臨床実習等があります。
取得資格
柔道整復師/機能訓練指導員

手術をせずに手だけでなおす。
ケガ治療のスペシャリスト。

骨折などの怪我をした箇所を整復し、固定し、回復のための後療法を行うのが柔道整復。人間の持つ自然治癒力を最大限に活用する医療です。手術や注射をしないので「非観血的療法」と呼ばれます。戦国時代の殺傷技術「殺法」に対する治療技術「活法」に端を発する技術なので、スポーツによるケガと相性が良いのも特徴。アスリートのコンディショニングを行うトレーナーとしても活躍の場は広がっています。

鍼灸学科 カリキュラム

特色

理論と実践を相互リンク。施術者としてゆるぎない専門性を身につけます。

1年次

基礎の積み重ね
医療人として必要な一般教養や医療倫理、人体の構造や機能に関する知識などの基礎を中心に学びます。

2年次

基礎固めと専門知識・技術の積み重ね
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの整復や固定、後療法などの専門知識を習得します。

3年次

知識・技術の応用と臨床実習
国家試験合格に向けた国家試験対策のゼミはもちろんのこと、卒業後の臨床に向けた実習(臨床実習)などで実践力を身につけます。

新カリキュラム

基礎分野
教育内容 医療人、社会人として必要な一般教育を学習します。
科  目
科学的思考の基礎 (人間と生活)
○倫理学 ○心理学 ○英 語 ○国 語 ○保健体育 ○コミュニケーション理論
専門基礎分野
教育内容 人体の構造について知識を深め、疾病を引き起こす要因、症状、施術方法について学習します。
科  目
人体の構造と機能(高齢者及び競技者の生理学的特徴・変化を含む)
○解剖学 ○生理学 ○運動学
疾病と傷害(柔道整復術の適応を含む)
○一般臨床医学 ○外科学概論 ○整形外科学 ○病理学概論 ○リハビリテーション医学
保健医療福祉と柔道整復の理念(職業倫理及び社会保障制度を含む)
○衛生学・公衆衛生学 ○関係法規 ○柔道
専門分野
教育内容 柔道整復学について「基礎」「理論」「実技」と3つのアプローチから学んでいきます。
臨床実習では、現場で必要とされる力を伸ばします。
科  目
基礎柔道整復学(外傷保存療法の経過及び治癒の判定を含む)
臨床柔道整復学(物理療法機器等の取り扱い及び柔道整復術適応の臨床的判定を含む)
柔道整復実技(高齢者及び競技者の外傷予防技術並びに臨床実習前施術試験等を含む)
臨床実習
総合特別講座