学校案内

校長挨拶

育英メディカル専門学校 校長 中村有香

育英メディカル専門学校は、おかげさまで創立10周年を迎える事となりました。ひとつの節目ともいえるこの年を迎えることが出来ますのも、ひとえに地域の皆さま、業界関係者、学園関係者、卒業生、在校生、教職員、多くの皆様方のご指導とお力添えのおかげと感謝しております。
当校は前身を大学受験の予備校として昭和55年に設置されましたが大学全入時代による急激な予備校生の減少により改組転換をすることになり、東洋医学のニーズの増加を受けて柔道整復師、はり師、きゅう師の養成学校を設置する運びとなりました。認可に至るまでの産みの苦しみは壮絶なものでした。また、運営にいたっては多くの試練に直面もしましたが、どんな状況下でも育英グループの創設者である中村有三学園長の「不撓不屈」の精神を胸に皆で乗り越えて参りました。10年経った今、教職員全員が一丸となって学生の最大の目標である国家資格取得に向けて全力でサポートする理想的な体制となり、ようやく地盤固めができたと感じています。
今年は次の10年のスタートラインに立ったつもりで、更なる目標を掲げ、より充実した教育内容で、より地域貢献を果たせる学校となるように鋭意努力していきたいと思っております。国家試験合格はもちろんのことですが、資格取得後に重要なキーとなる人間力を養うことに重きを置きたいと考えています。心豊かで、患者さんに寄り添える人間性を兼ね備えた医療人として社会に送り出すために、試行錯誤しながらも、諦めず粘り強く指導していきたいと考えています。