最新情報

育メスタッフってこんなヒト! 第4回

2015年10月28日

トピックス

さて!

今回のスタッフ紹介ブログに登場するのは、講師であり教務でもある今井理恵先生。

「コミュニケーション講座」も受け持つ今井先生のコミュ力の秘密は、実はかつての意外な経歴に隠されていた……!?

「育英歴」もただごとじゃない、「生粋の育英っ子」の自己紹介をお楽しみください!

 

imstbanner

 

皆さんこんにちは。育英メディカル専門学校で国語と倫理学を担当しております今井理恵です。

私は前橋育英高校の卒業生ですが、実は高校だけでなく、この育英メディカル専門学校の前身である「群馬英数学舘」にもお世話になっていました。

さらに教育実習も前橋育英高校、そして現在は育英メディカルで講師をさせていただくという、まさに生粋の「育英っ子」でございます。

 

前橋育英高校で楽しく伸び伸びと育った私は、都内の大学に進学した後、お笑い芸人を目指すものの、相方の突然のオーストラリア行きによりコンビ解散。たくさんの人を笑わせたいとの思いを志半ばであきらめざるを得なくなりました。

しかしその頃、「Humour(ユーモア)はHuman(人間)という言葉が変化してできたもの。人を大切にしなければユーモアなんて成り立たない。」という話を聞きました。

その言葉を聞いて、芸人にならなくても、人を大切にしていたら、ずっと誰かを笑わせることはできるんだと思いました。

 

お笑いの舞台から、教室の教壇へと舞台をうつしましたが、この言葉を胸に、私はユーモアを持って、少しでも皆さんのためになる授業をしようと心がけています。

「一般教養なんて・・・」と思わないでください。

倫理学で学ぶ生命倫理は医療従事者となるみなさんには必ず必要になる知識です。

また、国家試験も日本語で書かれていますし、将来患者さんとお話しする時はほとんどが日本語です。つまり国語もやはり重要な知識なのです。

 

80%の情熱と、20%のユーモアで、100点の授業ができるよう精進します。

私生活では、20%のサッカーと20%のお酒と60%の笑いで楽しい毎日を過ごしております。

学校で見かけた時はいつでも気軽に話しかけてください。

 

imstp5