最新情報

赤城山トレイルリレーマラソン救護

2021年05月06日

トピックス

令和3年5月5日 国立赤城青少年交流の家で開催された、公益財団法人前橋市まちづくり公社主催「赤城山トレイルリレーマラソン」に救護ボランティアとして参加してきました!


この大会は、1人から最大5名でスマホアプリをタスキ代わりにつなぎ、3時間走るリレーマラソン。

ただし、ただのリレーマラソンではありません!

「赤城山トレイル」という名前がつく通り、赤城山の豊かな自然の中、アップダウンの激しい1km~2kmの山道を走るリレーマラソン。

ランニング慣れしたベテランのランナーにも走りがいのあるコースなのです。

小学生からシニアまで、幅広い年齢層が、それぞれのペースで楽しめる、素晴らしい大会。

そんな赤城山トレイルリレーマラソンに、今回育英メディカル専門学校は救護ボランティアとして参加。

教員と学生で、テーピングやマッサージなど、ランナーのコンディショニングから捻挫などのケアまでサポートしてまいりました!

途中からあいにくの雨でかなり肌寒い日となりましたが、皆さん最後まで笑顔で楽しんでいて、我々も元気をもらいました

先生の指導の下、日々の勉強の成果を発揮すべく奮闘する学生

自分がケアした参加者のランナーから、「ありがとう、楽になったよ」と言われ、「本当にうれしかった」と笑顔がほころぶ学生も。

逆に、もっと勉強して、もっと自信を持ってケアしたい!とやる気がみなぎる学生もいました。

参加された皆様お疲れ様でした!ありがとうございます!

また次回もぜひご利用ください★