最新情報

三年生最後の授業~臨床講座~

2017年03月31日

トピックス

年度末年度初めは様々なことが起こるため、ブログのネタがたまっております。

そのため、今回・次回と続けて、先日卒業したばかりの旧3年生たちのお話しですがご容赦くださいませ。

 

柔道整復師の国家試験を終えた翌日、例年その日が最後の授業日になるのですが、両学科合同で「臨床講座」という授業を行います。

これは、今までの国家試験に向けた勉強とは少々異なり、いずれ彼らが自分の鍼灸院や接骨院を開業する時に役立つよう、医療機器を取り扱う会社の方に来て頂き、実際に現場で使われている機器などについて聞かせて貰う授業です。

 

rinsyo01 rinsyo02

こちらは実演の様子。

授業では医療機器を使うことはありませんので、学生たちは興味津々で体験させてもらっていました。

rinsyo03 rinsyo04

見学している様子も、実技の授業の時とはちょっと違う雰囲気ですね。

 

鍼灸師は鍼と灸だけ、柔道整復師に至っては自分の手だけでその技をふるうことができる職業です。

ですが、実際に鍼灸院や接骨院を開業するとなると、患者さんの辛さを和らげる補助として様々な医療機器が役に立つ場合もあります。

より患者さんのお役にたてる鍼灸師・柔道整復師になるために、最新の業界動向を知ることのできる良い機会になったのではないでしょうか!