コース

教員インタビュー

鍼灸学科長 北上貴史

現状を打開するエネルギー

鍼灸学科長
北上貴史

「現状維持は後退に他ならない。」私の尊敬する先生の言葉です。これから資格を取ろうと考えている方は、「現状」を打開しようとしているのだと思います。それには大きなエネルギーや決断が必要です。私たちもまた現状に留まらず、意志ある方々へのサポートを惜しみません。

吉原 嗣

西洋でも注目される伝統医学

吉原 嗣

古代の人は身体の崩れたバランスを、ツボ刺激によって改善していました。その手法を更に発展させたものが現在の「はり・きゅう」。この伝統医学は、近年は東洋のみならず西洋でも注目されています。身体に備わっている「自然治癒力」を引き出す技術を一緒に学んでいきましょう。

佐藤 真之

何くその精神

佐藤 真之

育ての親は明治生まれの祖父母。髪の毛は伸ばすな。パーマはかけるな。食事は正座。箸は右手。バイクだけは乗るな。厳しかった。だけど勉強の事は何も言われなかった。だから今も苦労している。厳しく言われてもへこたれない!何くその精神で頑張ってもらいたい。

福島 功一

かーっとばせー!!

福島 功一

チャンスは目の前。掴み取れるかは自分次第。知識と技量は充分か?
足りないなら努力を重ねて付け加えれば良い。過ごす月日は皆同じ。
こうと決めたらチャレンジして乗り越えよう。
「チャンスだ!振りぬけ!かーっとばせー!!」

西田 睦

想像してみよう

西田 睦

5年後の自分自身の姿を想像してみましょう。よくわからないという方は「鍼灸師」になった自分を想像してみましょう。できましたか?なんとなくでも想像できたら、鍼灸師って本当はどんな仕事なのか育英メディカルにのぞきにきてみませんか。

荒木 宏之

イメージに残る授業

荒木 宏之

東洋医学を学ぶ上では想像力(イメージ)が必要です!授業でギャグを飛ばすも、いつも失笑しか生まれない私ですが、そんな日常の失笑も学生さんのイメージに残るような授業を心がけています。

栗原 佳代

優れた哲学

栗原 佳代

東洋医学の基本的な考え方は、病気の診断・治療に使えるだけではありません。
人生を豊かにし、悩んだ時にも役に立つ優れた哲学です。ぜひ、一緒に楽しく勉強して充実した生活を送りましょう。