コース

鍼灸学科長 北上貴史
高い合格率に秘密はない
必要な事を一生懸命に
鍼灸学科長
北上貴史

「秘伝のタレだからここから先は写さないで。」というけど、目で見てすぐに真似できる程度のものなら、秘伝でも何でもないと思います。私たちが国家試験において高い合格率を出せているのは、秘伝の技でも何でもなく、学生さんも教員も職員も、合格のために必要な事を一生懸命やっているからだと思います。試験の度に対策ゼミを組んだり、試験後に勉強法を振り返る面談をしたり、個人の状況に応じた方法を一緒に模索していくイメージです。秘伝ではありませんから、是非確かめに来て下さい。

教員インタビュー

吉原 嗣

吉原 嗣

鍼灸というと、腰痛や肩こりというイメージがあるかと思いますが、実は免疫力を上げる効果が認められていて、予防医学としての一面を持っています。こんな時代だからこそ自然療法を活用した東洋医学の鍼灸で、ご自身やご家族の健康を維持していきませんか。

佐藤 真之

佐藤 真之

どんなピンチでも笑顔を絶やさない彼女は、「スマイリングシンデレラ」と呼ばれていました。彼女の笑顔は、自分だけでなく、周囲の人も幸せにしてくれました。勝負の世界ではないけれど、私も患者さんの笑顔が見たくて、日々治療に励んでいます。皆さんも、一人でも多くの患者さんの笑顔を見るために、一緒に学んでいきませんか!?

福島 功一

福島 功一

私が初めて鍼灸を経験したのは中2の時、母が通っていた鍼灸院でした。施術後の変化に驚き、自分も同じようになりたいと思いました。専門知識の学習は大変ですが、その先にあるのは患者様からの感謝の言葉です。あなたが求める未来を育英メディカルで開きませんか?

荒木 宏之

荒木 宏之

脱サラしてこの道に進んだのが30代半ば。色々な社会経験をしてきましたが、鍼灸師として、患者さんや学生のみなさんと触れ合う今が、一番充実しています。この資格を目指すのに年齢は関係ありません。「一直線に突き進んで」自分の思い描く鍼灸師を目指しましょう!!

今井 香菜

今井 香菜

「ツボ」ってよく聞くけど押すとどうなるの?「鍼灸」って聞いたことあるけど、実際はどんなことやるの?気になったその時が、一歩踏み出すチャンスです。気になることをトコトン追求し一緒に鍼灸の面白さを学びましょう!

絹村 友梨子

絹村 友梨子

私は学生時代、育児と勉強を両立させ、国家試験を合格することができました。経験を生かし、勉強についてはもちろん、それ以外のことも相談していただければ、教職員一同全力でサポートさせていただきます!一緒に鍼灸を楽しみながら頑張っていきましょう。