コース

教員インタビュー

「ツボ」の力 鍼灸学科長 吉原 嗣
鍼灸は経験から発展した伝統医学です。古人が体験から得たものを理論化・体系化したものを医療技術として確立しました。その「技」はいまや東洋だけでなく西欧諸国でも注目されています。体表にある「ツボ」を刺激することで、身体に起きる変化を実感してください。そしてその変化の不思議さを一緒に学んでいきませんか。

諦めたらそこで試合終了

佐藤 真之

断固たる決意というのがやっと分かったぜ!諦めたらそこで試合終了だよ!!鍼灸師を目指そうとしている皆さん、この言葉を噛みしめて下さい。その先には患者さんのすばらしい笑顔が待っていますから。

道を切り開く

福島 功一

惜しまぬ努力を重ねて振り返った時、そこにはあなたがそれまでに切り開いた道が出来ているでしょう。そこには患者さんの笑顔と感謝の言葉が満ち溢れているでしょう。太く大きな道を切り開くのは、あなたかもしれません。

東洋医学を仕事にするということ

北上 貴史

18歳でこの道に入り、今思うこと。東洋医学を通して、友達ができ、妻と巡り合い、家族が出来て、師に出逢い、仕事ができて、患者さんに恵まれて、この道だからの喜びがあり、この先もこの道で生きていきたいと思います。

信頼される人間性

西田 睦

学校では医学の知識や鍼灸の施術を学びます。しかし知識や技術以上に鍼灸師として大切なことは人間性を磨くことだと考えます。患者さんから信頼されて施術ができる鍼灸師を目指して、ともに切磋琢磨していきましょう。

東洋医学は人間学

栗原 佳代

心と身体は一体で、相互に作用します。東洋医学の陰陽の考えです。心身が互いに影響を与えるので、想いのこもった言葉で病が回復することも、心無い言葉で健康を損なうこともあります。皆さんには、こういうことも深く学んでほしいと思います。