コース

教員インタビュー

鍼灸学科長 吉原 嗣

ツボを刺激するということ

鍼灸学科長
吉原 嗣

勉強やスポーツにおいてポイントを押さえるということは大切なことですが、経穴(ツボ)もまさに身体表面上にあるポイント。経穴(ポイント)をうまく押さえ、鍼や灸でツボを刺激すると身体バランスを整え、体に素晴らしい変化=“自然治癒力の向上”をもたらしてくれます。この技術を一緒に学んでいきましょう。

佐藤 真之

先生、バスケがしたいです!

佐藤 真之

趣味はゴルフと読書に映画鑑賞。漫画も好きでスラムダンクは未だに読み返します。学生さんの中には親子ほど年が離れている人もいると思いますが、ありのまま話をして、楽しく勉強できればいいなぁ…と思っています!

福島 功一

トキに近づく!

福島 功一

中学生の頃に自分の不調が鍼灸で改善した経験と、当時流行していた『北斗の拳』の影響で(笑)鍼灸の道に入りました。人様の心と体に触れる仕事ですから、勉強すべきことは広大ですが、「トキ」に近づけるよう現在進行形で勉強中です。

北上 貴史

自分が受けたい授業を

北上 貴史

入学者の国家試験全員合格を目標に、自分が学生時代にこういう授業が受けたかったなぁ、と思える授業を目指してやっています。鍼灸を通じて得た縁や喜びに対して、一生をかけて恩返しをしていきたいと思っています。

西田 睦

先生だって緊張する

西田 睦

以前勤務していた盲学校では1クラス2~3人の場合が多いので、今でも30人もの学生さんの前に立つのは緊張してしまいます。ですが、人間が健康に生きられる仕組みの面白さが伝わるよう、いつも大汗をかきながら授業をしています。

荒木 宏之

「出会い」を大切に

荒木 宏之

人と人との出会いで作られる人生。教師と学生、施術者と患者様も出会いがきっかけで人生が大きく変わることもあります。学校生活や仕事、私生活を通じて「出会い」を大切にし「きっかけ」を与えられる人間関係を皆さんと作りたいと思っています。

栗原 佳代

たまには脱線することも

栗原 佳代

女性ならではの目線を活かし、身体だけでなく美容鍼や耳鍼で患者様も自分自身も元気に綺麗になるのが生きがいです。ガーデニング・パワースポット・占いなどが好きで、授業でもお話しすることがありますのでお楽しみに。