コース



教員インタビュー

たくさんの笑顔

確実な資格取得なら学校選びを重視

柔道整復学科長
山崎 昌彦

近年の柔道整復師国家試験は難易度の上昇に伴い、全国平均合格率が低下傾向にあります。学校を選ぶ際、「合格率の高さ」は非常に重要。本校では1年次に「基礎」を、2年次に「応用」を、3年次に「臨床」を重視して授業や実習を行います。まず基礎をしっかり学び、応用へと発展させ、さらに知識・技術を確実に習得できる授業スタイルが、高い合格率を維持する秘訣なのです。臨床の場で役立つ内容も豊富なので、「すぐに臨床の場で活躍したい!」という方にもお勧めです。

黒岩 靖史

学んだことが少しでも財産になるように

黒岩 靖史

学んだことが少しでも皆さんの財産になるように、そして柔道整復師のライセンス取得に向けて『シンパイナイ』・『モンダイナイ』と感じてもらえるように“イクメ”スタイルでサポートしていきます。一緒にがんばりましょう!

斉藤 文教

人として大きく成長できる3年間!

斉藤 文教

生徒と教員の距離が非常に近く、1人1人の気持ちを大切にしている学校です。楽しいこともつらいこともあると思いますが、人として大きく成長できる3年間になるはずです。同じ目標に向かって達成感を分かち合いましょう。

福田 泰昌

学校生活が楽しかったという卒業生多し!

福田 泰昌

マナーやモラルについてはうるさいけれど、普段の学校生活自体は楽しい。そんな学校を目指しています。育英メディカルで良かった。在学中も、卒業後も、そんな風に思える学校を一緒に作っていきましょう!

大谷 修一

卒業生だから学校の良さがよく分かる!

大谷 修一

育英メディカル専門学校は沢山の『気付き』や『学び』、そして『成長』を与えてくれる学校です。なぜ、そう言えるのか?それは私自身が卒業生であり身を持って体感したからです。3年間という短い時間ですが資格取得に向け、一緒に頑張りましょう。

関根 かおる

知識や技術以外の事も貪欲に吸収!

関根 かおる

国家資格取得が最大の目標で、知識や技術を身につける事は必要ですが、人間性が豊かになる事も重要で、3年間で楽しい事も厳しい事も経験し、沢山の事を学んでもらいたいです。学生生活で、色々な事を貪欲に吸収し大きくなる事を期待します。

梅山 貴史

NO IKUME NO LIFE!

梅山 貴史

「育英メディカルは手を抜かない。遊びも部活も勉強も。」世界最高でなくとも、あなた史上最高の専門学校と思ってもらえるよう、全力でサポートしていきたいと思います。育英メディカルの無い人生はつまらない。そう思える学校を目指します。

金子 充夫

悩みがあってもなくてもいらっしゃい!

金子 充夫

卒業までの三年間、この大事な期間をお預かりする責任を噛みしめています。学生さんに寄り添い、安心感のある環境を作り、勉強に集中できるようサポートします。とにかく!何か悩みがあったらなんでも相談してください。悩みがなくてもお話しましょう(笑)