コース

教員インタビュー

たくさんの笑顔 柔道整復学科長 山崎 昌彦
柔道整復師はケガを施術するだけではありません。自分が勉強し、技術を磨き、努力をした分だけ、ケガで不安な顔をしていた患者さんを笑顔に変えることができると、私は考えています。とてもやりがいのあるこの資格、みなさんもこの学校で我々と一緒に取得を目指し、日々精進してみませんか?
黒岩 靖史

勉強するほど興味が出る

黒岩 靖史

柔道整復師は勉強をすればするほど興味が出てくる資格のひとつです。皆さんが理想とする柔道整復師像を目指せるように、まずは柔道整復師の国家資格取得に向けてイクメスタイルでサポートをしていきますので一緒に頑張りましょう。

斉藤 文教

超高齢化社会での高いニーズ

斉藤 文教

超高齢社会の現在、柔道整復師は様々な分野で必要とされ、患者さんや利用者さんを笑顔にできる職業です。国家試験合格は簡単ではありませんが、学生生活の3年間がきっと大きな財産となるはずです。国家資格である柔道整復師を目指してみませんか。

福田 泰昌

資格を取って社会に貢献

福田 泰昌

卒業生の多くが病院に勤務したり接骨院を開業したりトレーナー活動などで活躍しています。卒業後に学校を訪ねて話をしてくれる彼ら、彼女らの顔は一様に輝いて見えます。社会に必要とされる柔道整復師を目指して共に頑張りましょう。

大谷 修一

不安を笑顔に

大谷 修一

患者さんの痛み、悩み、不安を取り除けるのが柔道整復師ではないでしょうか。それらが無くなれば、何が残るのか?それは笑顔と幸福感です。柔道整復師の知識と技術で患者さんを笑顔に変えてみませんか?

関根 かおる

女性ならではの施術が求められています

関根 かおる

最近では、柔道整復師を目指す女性が増えています。女性だからこそできる施術、女性ならではの心づかいが、今求められています。今後、さらに活躍の場を広げ、地域医療に貢献できる資格だと思います。